伊豆の国の暮らし 

季節と日々の記録

5月の終わりの風景

f:id:milkieko0507:20210531081340j:plain

休耕地だった土地にお水が張られて、稲が植えられた。

田んぼだったんだねぇ~。

水田の風景がとても懐かしい。

何でだろう。

子どもの頃、福島の田舎へ行く時に、東北本線の列車の窓から広い広い水田地帯を眺めていた。

その時の青々とした清々しい記憶が蘇るからなのかな。

これから移り変わる風景が楽しみだ~。

f:id:milkieko0507:20210531081411j:plain

家の周りのドクダミを収穫して、ドクダミチンキを作る。

左の瓶はすでに3週間が経過したもの。

茶色いエキスになっているから、もう使えそうだね。

f:id:milkieko0507:20210531084116j:plain

ヨモギは新芽部分をとって、乾燥させてみる。

前回、収穫した分は、お風呂に使ってヨモギ風呂にした。

今回はお茶として飲んでみたい。

f:id:milkieko0507:20210531081357j:plain

夫氏。

やっと、電動工具が揃い、DIYを始めた。

ドイツへ引っ越す時に手放した工具たち。

日本へ帰ってくる時に手放した工具たち。

そして新たに入手した工具たち。

三度、お世話になります。

あれも、これも、直してほしいよ。

あれも、これも、造ってほしいよ。

望みはたくさん。

「自分でやって」

そう言われて、以前だったら、

そんなことできるかい!と反発し、

冷たくされた、と思ったり、自分の不甲斐なさを呪ったりしたけど…

今は違う。

私にもできるかもしれない♡

そう思える自分をエラく思うのだ。

やらないけど。

f:id:milkieko0507:20210531083438j:plain

この子が可愛くて、可愛くて…♡

私の彼氏です。

どうやら家の周辺にたくさん彼氏がいるらしい。

夜は美しい声で大合唱。

田舎の夜は案外、寂しくないものだね。